これからの日本の教育に大切なこと

通信制高校の教育過程を卒業するのに必要な条件

これからの日本の教育に大切なこと 通信制高校の教育過程を卒業するには、在籍期間や単位など条件を満たす必要があります。まず、高校の卒業資格を得るには、3年間以上の在籍期間が必要と、学校教育法で定められてます。そのため、初年度に単位の取得を頑張ったとしても、3年以上学校に在籍しなければ卒業は認められないです。編入や転入で通信制高校に入った場合は、前の学校での在籍期間も計上されてます。3年間で74単位を取得している必要がありますが、編入や転入での通信制高校入学の場合は、前の学校で取得した単位も計上することが出来るようになってます。学校で用意されたテキストや動画で自習することになります。

学習理解度を調査するためのレポートを作成し、学校に送付することとなります。直接勉強の指導や体験指導を受けることになります。レポートを提出しなかったり、スクーリングを何度も休んでしまうと単位認定試験を受けることが出来なくなってしまうので注意が必要です。これらに3年間で30単位以上参加する必要があります。スクーリングが年に1回のみの学校などは、その期間中に体験学習や体育祭などを行い、特別活動の単位を取得していきます。

新着おすすめ